2016年09月23日

9/23 年長組でブドウ狩りを行いました。

毎年秋の時期に年長組のブドウ狩りを、今年も行いました。しかしあいにくの雨の為、ホールで行うこととなりました。
まず、幼稚園に一番近い農家さんのマキノキ園の利根川さんにお越し頂き、ブドウの成長工程と本日収穫するブドウのベリーエーの説明をしてもらいました。
成長工程に関しては、実物のブドウの枝を持ってきて頂き、花や葉などを見せて頂くことができました。
年長組の子ども達は、畑で4品目の野菜を育てています。種から苗、そして収穫をすること。最後には片付けも。
そうやって一つの食べ物ができるまでの過程と大切さを感じている子ども達だからこそ、ブドウもそれができるまでの過程を感じることができるのではないかと思っています。
DSC_0656.jpg  unspecifiedIS8R0RZA.jpg

最後に子ども達から質問を受けたのですが、「ブドウの種はどうやってできるのか」「ブドウはなぜ甘いのか」「ブドウのことをどう思っているのか」等の質問から子ども達に色々なことを伝えてもらいました。
種のでき方から、雌花・雄花のお話。甘味の話から、ブドウがどうやって世界に広がったかのお話。ブドウのことを我が子のように育てているというお話。
本当にたくさんの素晴らしいお話を頂きました。こういったお話を聞くことで、子ども達はブドウを深く知ることにつながり、そして派生して学ぶことへの楽しさを育むことになると感じました。
人から聞いたことで、興味を持ち、また学問として出会った時により深くそのことをとらえることができる。その下地を、今幼稚園時代に作れているんだなと感じたのです。
今後とも食育を行うことで大切にしている、たくさんの大人と出会うこと。今後も大切にしていきたいと思いました。
DSC_0660.jpg

また雨が降った為、収穫することができないので、予め朝にブドウ畑で収穫して頂いたものの袋とじを子ども達に手伝ってもらいました。
少しでも関わることで、ブドウへの愛着もよりわいたのではないかと思います。
今回収穫してお持ち帰りしたブドウはベリーエー。とっても完熟していて、おいしいブドウなので食べて下さいね。
DSC_3038.jpg

年長組は、お昼の後のデザートとしてもピヨーネとロザリオビアンコを食べさせてもらいました。
今日は、皆が収穫のお手伝いをしたブドウを家族の皆さんと共においしく食べて下さいね。
DSC_3042.jpg  DSC_3045.jpg
posted by ジュン! at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ふれる(農業に触れる)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176991650
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック